ニフティは、インターネットサービス「@nifty」のログイン方法にワンタイムパスワード認証を導入する。これにより、なりすまし不正ログインなどへの対策を強化する。

イメージ
ワンタイムパスワード認証の流れ

今回導入するワンタイムパスワード認証では、パソコンやスマートフォンの Web ブラウザ上のログイン画面で、@nifty ユーザー名または@ nifty ID と従来のパスワードによる認証を行った後に、自動的に発行される1回限りの有効使い捨てパスワードを入力して行う。

ワンタイムパスワードは、専用のスマートフォンアプリか設定した メールアドレスで受け取れる。また一度ワンタイムパスワード認証を行った端末は、次回以降入力を消去できる。価格は無料。