インターネット上で請求書などを作成し、印刷と郵送の代行を依頼できる「Misoca」が4月から月額料金を無償化する。同時に郵送手数料も1割以上値下げする。運営会社のスタンドファームが明らかにした。

ネットで請求書を作成、発送できる「Misoca」、月額料金を無料に
Misoca は Twitter アカウントなどですぐ利用を始められる手軽さが特徴

Misoca は個人事業主や中小企業などが手軽に請求書や見積書、納品書を作成し、指定した宛先に送付できるサービスとして2011年に開始。2014年3月時点では、1万以上の事業者が登録している。

これまで月額980円、2,980円、7,980円の3種類のプランを用意していたが、すべて無料化する。また請求書の郵送手数料を1通210円から180円に引き下げる。請求書の発行枚数制限もなくす。既存プランのユーザーは4月から新料金に自動で移行する。ちなみに Misoca は無料の試用期間があるため、3月時点で登録しても実質新プランが適用となる。

なお、Misoca はこの春を目処に、請求書のオンライン決済サービスを開始する予定。請求書を受け取った側がネット上でクレジットカード決済して支払えるようにするというもの。

また、Misoca は別途、販売管理システムなどから CSV データを取り込んで PDF 形式の帳票を発行できる Web 請求サービスも展開しているが、こちらは従来通りの料金体系を続けるとしている。