日本マイクロソフト(MS)は、サポート終了の迫る Windows XP ユーザー向けに無料のデータ移行ツールを公開した。同社の Web サイトから期間限定でダウンロード、利用できる。

MS、Windows XPからの無料データ移行ツールを公開
MS は無料でデータ移行ツールを公開する

4月8日の Windows XP サポート終了に向け、PC や OS の更新を検討しつつもいまだにデータ移行ツールなどがそろわないユーザーが一定数いると、MS は考えており、さまざまな支援策を用意している。

その一環として今回、米国 Laplink Software と AOS テクノロジーズの協力のもと、無料のデータ移行ツール「ファイナルパソコンデータ引っ越し eXPress」を公開した。 ダウンロード期限は6月末まで、利用期限は7月末までとなっている。

このツールを使うと、Windows XP 搭載 PC から Windows 8/8.1 搭載 PC へ、最小3ステップでデータと設定を移行できる。メールやアドレス帳に加え、Internet Explorer に登録したお気に入り、MS Office で作成した文書、iTunes で管理している音楽などを簡単に引き継げる。

なお、移行元と移行先、2台の PC は LAN クロス ケーブル もしくは 専用 USB リンク ケーブルで接続する。また双方 の PC にこのツールをインストールしておく必要がある。MS は専用のサポート窓口(電話番号:0120-54-2244)で、7月末までこのツールに関する問い合わせに対応する。