PC 上のファイルに加え、グループウェアや社内ポータルでやりとりしているファイルも強制暗号化して保護できる情報漏洩(ろうえい)対策ソフトの新版「InterSafe ILP Ver. 4.0」を、アルプス システム インテグレーション(ALSI)が4月2日に発売する。

グループウェアのファイルも強制暗号化が可能に、情報漏えい対策ソフト「InterSafe ILP」新版
新版ではファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」の機能強化が目玉

InterSafe ILP は5つの情報漏洩対策ソフトをパッケージにした製品で、新版ではそのうちファイル自動暗号化ソフトの機能を大きく強化。既存の社内ポータルやグループウェアと連携するための開発キット(SDK)が使えるようになった。

これにより、グループウェアからファイルをダウンロードする際には強制暗号化し、アップロードする際には暗号化を解除する、といったことが可能になる。クラウド、オンプレミス環境を問わず利用できるという。

それ以外にもいくつかの新機能がある。例えば有償オプションとして、特定のフォルダにファイルを入れるだけで、自動で暗号化する機能が使えるようになった。また管理サーバーと接続していない PC でも USB メモリなどを介して一律のセキュリティポリシーを適用可能だ。

ほかのソフトの改良点を見ると、デバイス制御ソフトでは新たに Windows Server OS からのファイルの持ち出し制限ができるようになった。Web 型申請・承認ソフトには、パスワード付き ZIP ファイルを簡単に書き出せる機能が加わっている。

セキュリティ USB メモリ作成ソフトも、ホスト PC 機能の強化をはじめ、社外利用禁止のポリシーを標準で設定できたり、複数のセキュリティ USB メモリを連続して簡単に作成できたりと、種々の変更が施されている。