出版大手 KADOKAWA の Web サイトが閉鎖を続けている。不正アクセスが判明したためで、状況の調査と対策の導入が終わっていないもよう。同社は別途「角川書店」などのブランドサイトを公開しており、最新情報はそちらで入手するようユーザーに呼びかけている。

角川、サイト閉鎖続く、不正アクセス判明から2日
KADOKAWA の Web サイト

KADOKAWA のWeb サイトはこの1月にも不正アクセスを受け、内容の一部が改竄(かいざん)などの被害に遭っているが、今回はフィッシングメールの送信に悪用されたという。

個人情報の流出やマルウェア誘導を仕組まれた痕跡は現時点では見つかっていないというが、同社は万全を期すためとして、調査と対策が済むまでサイトを閉鎖すると説明している。

角川書店やアスキー・メディア・ワークスといったブランドサイトは、平常通り公開している。また連休中に開始した無料の電子コミック配信サービス「ComicWalker」なども利用可能だ。