台湾 ASUSTeK Computer は、Windows 8.1 と Android の両方が稼働する新デバイスを近く公表する予定だった。だが、Microsoft と Google からの圧力により、デバイスの製造は中止になるかもしれない。

Google と Microsoft からの圧力で、ASUS がデュアル OS デバイス製造を中止か?
ASUS のデュアルブートデバイス「Transformer Book Duet TD300」

ASUS は2014年1月、CES 2014 で「Transformer Book Duet TD300」 を発表した。これは、ノート PC として使用する際には Windows 8 が起動し、タブレットとして使用する場合には Android が起動するデバイスだ。このデュアル OS デバイスは Intel CEO である Brian Krzanich 氏も CES 基調講演の壇上で紹介し、同イベントで話題となっていた。

CES 2014 でデュアルブート OS デバイスを紹介する Brian Krzanich 氏
CES 2014 でデュアルブート OS デバイスを紹介する Brian Krzanich 氏

Transformer Book Duet TD300 は、今年前半に登場するとされていた。だが、Wall Street Jounal が伝えたところによれば、Google も Microsoft もこのデュアル OS デバイスの登場を快く思ってはいないという。同メディアは匿名の筋から入手した情報として、Google は「オール Android」デバイスを望んでおり、Microsoft も同様の見解を持っていると伝えている。

Google と Microsoft からの物言いは、デュアル OS システムが広がりを見せ始めたときにつけられた。ASUS はすでに「Transformer AiO P1801」と「P1802」という2機種のオールインワンデバイスを販売している。だが Wall Street Jounal によれば、ASUS はこれらのデバイスの製造も中止する可能性があるという。

ASUS の Transformer AiO P1801/P1802
ASUS の Transformer AiO P1801/P1802

デュアル OS システムに取り組んでいるのは ASUS だけではない。Samsung は2013年6月に、Windows と Android が稼働するコンバーチブルシステム ATIV Q を発表している。また、同社は CES 2014 で、ATIV Q 以外にもデュアルブートシステムを販売する計画があることに触れていた。

Samsung によるデュアルブートデバイス「ATIV Q」
Samsung によるデュアルブートデバイス「ATIV Q」

(この記事は2014年3月14日付け英文記事の抄訳です)