大月書店と寿限無は、「マルクス=エンゲルス全集」全53巻、4万ページ分が電子書籍として読み放題になるサービスを開始した。PC 向け Web サイトに加え、iPad や Android タブレット向けアプリケーションからも利用できる。料金は全巻会員コースが年額1万2,000円(税別)、資本論会員コースが年額6,000円(同)。

共産主義も電子化の時代?「マルクス=エンゲルス全集 online」登場、53巻が読み放題
左の肖像がカール・マルクス、右がフリードリヒ・エンゲルス

「マルクス=エンゲルス全集 online」と称する同サービスは、通常の電子書籍のように簡単にページ送りをしたり、付箋(ふせん)を付けたりして読み進められる。

PC 向け Web サイトではキーワード検索はもちろん、収録している論文について題名の50音別や掲載誌別、執筆年月日などで絞り込みも行える。また収録している書簡(手紙)については差出人、受取人などから検索できる。画像のクリッピング、ページ印刷も行える。

タブレットから利用する場合は、ビューワアプリとして iPad 向けの「FMS 図書館」または Android 向けの「経葉デジタルライブラリ」を導入する必要がある。いずれもアプリ自体は無料。これらのアプリでもキーワード検索が行えるほか、ページの拡大、縮小などが可能だ。

なお、PC 版では体験会員として10日間無料で全53巻が読み放題になるコースもある。