ニフティの運営するクラウドサービス「ニフティクラウド」では、「IP アドレス付替サービス」と、Office 利用ライセンスが付いた Windows Server イメージ「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office(Standard/Professional Plus)」の提供を開始した。

「IP アドレス付替サービス」は、サーバーに固定 IP アドレスを設定/解除できるサービ
ス。例えば、メンテナンスのために本番系サーバーを代替サーバーと入れ替える場合に、本番系サーバーに設定している IP アドレスを、代替サーバーにそのまま付け替えることができる。ネットワーク設定を変更する必要がないため、メンテナンスによる停止時間を短縮できる。

そのほか、すでに提供中の「カスタマイズイメージ」機能であらかじめサーバーのバックアップイメージをとっておけば、運用中のサーバーに問題が生じた際、すぐにバックアップしたイメージからサーバーを作成して IP アドレスを付け替えることができる。

ニフティクラウド、「IP アドレス付替サービス」と Office インストールのサーバーイメージを提供
「IP アドレス付替サービス」活用例:サーバーの復旧

「Windows Server リモートデスクトップ接続 Microsoft Office(Standard/Professional Plus)」は、あらかじ めSPLA(Services Provider License Agreement)に対応した「Microsoft Office」がインストールされたサーバーイメージ。ユーザーはコントロールパネルからその月の利用ライセンス数を報告するだけで、ライセンスが付与された「Microsoft Office」を利用できる。

ニフティクラウドで簡単に Office 実行環境を構築でき、サーバーの保守管理やライセンス管理にかかる工数を削減できる。「Windows Server 2003」のサポート終了を前に、使い慣れた Office 環境を移行するクラウド移行先としても適しているそうだ。