ウェザーニューズは、2014年の「第二回桜開花予想」を発表した。今年の開花は、西〜東日本では昨年より遅め、北日本はかなり早めになるとしている。

上野恩賜公園の桜は3月29日に開花―ウェザーニューズ、2014年 第二回桜開花予想発表
第二回桜開花予想(出典:ウェザーニューズ)

同社が発表した第二回桜開花予想によれば、今年は全国的に気温が低かったため、桜の芽は「休眠」状態から覚め、開花に向けて生長のスタートをスムーズに切れたという。

スタートを切った後は気温が上がることで生長が促される。昨年は3月に入って急激に気温が上昇したため、西〜東日本で非常に早く開花したが、今年は3月前半の気温が昨年より非常に低かったため、昨年より遅めの開花となる見込み。北日本は、昨年は開花直前の時期の気温低下で開花が遅くなったが、今年は昨年ほどの冷え込みはない見込みで、昨年よりかなり早めに開花する予想。

今年のソメイヨシノの最も早い一輪開花は、3月半ば過ぎから九州・四国の沿岸部・紀伊半島南部で始まり、西日本、東日本へと広がる。都心周辺は3月下旬に開花のピークを迎えそう。

各エリアの開花状況については、同社の「さくら開花情報」を参照されたい。

■北海道地方〜ゴールデンウィーク終盤に見頃に

北海道地方では、3月後半から4月の気温はほぼ平年並みの予想。気温の上昇で桜の生長が順調に進み、例年並かやや早めの開花となる見込み。

桜開花予想〜北海道地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜北海道地方(出典:ウェザーニューズ)

5月の始めには道南から桜が咲き始め、5月半ばにかけて開花エリアが広がっていく。札幌周辺では、ゴールデンウィーク中盤から続々と開花が始まり、連休終盤には満開の桜を楽しめそう。全国で開花が最も遅い根室釧路方面でも5月下旬には満開の桜を楽しめる見込み。

■東北地方〜4月中頃から桜満開の季節に


東北地方では、これから4月の気温は平年並かやや低くなる予想。桜が咲く直前には、気温差が大きくなって一時的に平年を上回ることもある。

開花直前の暖かさで桜の花はほぼ例年並(過去5年平均)の開花となる見込みだが、福島県では過去5年平均より数日遅い開花になるところもある。4月2週目くらいから福島沿岸で開花が始まり、4月下旬にかけて開花前線は順調に北上を続ける予想。

桜開花予想〜東北地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜東北地方(出典:ウェザーニューズ)

一番の見頃時期を迎えるのは、仙台や福島周辺で4月半ばとなりそう。青森周辺ではちょうどゴールデンウィークに見頃を迎える名所が多くなる見込み。

■関東地方〜関東南部は桜満開の入学式に

関東地方の3月前半は気温の低い日が多かったが、3月後半は平年より気温が高めになる予想。寒暖の差はあるものの、次第に暖かな日が増え、花芽の生長がグッと進む日もありそう。このため桜の開花が大幅に遅くなることはないが、昨年は記録的な早さで開花を迎えたため、例年(過去5年平均)と比べると数日遅めの開花となる見込み。

桜開花予想〜関東地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜関東地方(出典:ウェザーニューズ)

桜の開花は3月下旬後半に南部から始まり、4月の初めにかけて開花前線が北上していく。見頃時期を迎えるのは都心周辺では3月末〜4月初めの予想。関東南部では各地で桜満開の入学式を迎えることができる見込み。

■東海地方〜桜満開の入学式に

中部地方の3月前半は気温の低い日が多かったが、3月後半に気温が上昇する日もあるため開花が大幅に遅れることはない。ただ、昨年は記録的な早さで開花を迎えたこともあり、例年と比べると数日遅めの開花となる見込み。

桜開花予想〜東海地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜東海地方(出典:ウェザーニューズ)

3月下旬の早い時期に東海沿岸から桜の開花が始まり、北陸地方も4月上旬には開花時期を迎える所が多くなる。見頃時期を迎えるのは、名古屋周辺で3月末〜4月初め頃となり、4月はじめの入学式シーズンには桜が満開となりそう。北陸地方は、4月中旬頃に見頃を迎える所が多くなる見込み。

■近畿地方〜京阪神は桜満開の入学式に

近畿地方の3月前半は気温の低い日が多かったが、3月後半は平年より気温が高くなる。寒暖の差はあるものの、次第に暖かな日が増えていくため、桜の開花が大幅に遅くなることはないが、昨年は記録的な早さで開花を迎えたため、例年と比べると数日遅めの開花となる見込み。

桜開花予想〜近畿地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜近畿地方(出典:ウェザーニューズ)

3月下旬になると紀伊半島南部から桜の開花が始まり、4月の始めにかけて開花前線が北上していく予想。見頃時期を迎えるのは京阪神周辺では4月上旬となり、今年の入学式シーズンは桜の満開の時期になりそう。近畿北部の桜が見頃を迎えるのは、4月中旬の見込み。

■中国四国地方〜山陽は桜満開の入学式に


中国四国地方の3月前半は気温の低い日が多かったが、3月後半は平年より気温が高くなる。寒暖の差はあるものの、次第に暖かな日が増えていくため、桜の開花が大幅に遅くなることはないが、昨年は記録的な早さで開花を迎えたため、例年と比べると数日遅めの開花となる見込み。

桜開花予想〜中国四国地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜中国四国地方(出典:ウェザーニューズ)


3月下旬にさしかかる頃には高知沿岸から桜の開花が始まり、沖縄を除くと高知が全国で最も早い開花になる可能性がある。山陰地方の沿岸も3月末には開花時期を迎える。見頃を迎えるのは、広島市周辺で4月の始めとなり、4月の1週目くらいまで桜を楽しむことが出来そう。

■九州地方〜3月下旬に見頃のピークに

九州地方の3月前半は気温の低い日が多かったが、3月後半は平年より気温が高くなる。寒暖の差はあるものの、次第に暖かな日が増えていくため、桜の開花が大幅に遅くなることはない。ただ、昨年は記録的な早さで開花を迎えたため、例年と比べると数日遅めの開花となる見込み。

桜開花予想〜九州地方(出典:ウェザーニューズ)
桜開花予想〜九州地方(出典:ウェザーニューズ)

3月下旬には沿岸部で桜の開花が始まり、その後、標高の高い所へと開花が進んでいく予想。見頃時期を迎えるのは、福岡市周辺では3月末〜4月初めとなり、4月の1週目まで桜を楽しむことが出来そう。