NEC日立富士通NTTNTT コミュニケーションズなど5社は、2013年6月から共同で推進している、研究開発プロジェクト「Open Innovation over Network Platform」で、広域ネットワークの SDN 化(Software-Defined Networking=ネットワークをソフトウェアで制御する概念)につながる基本技術を確立した。

今回確立した技術とは、ネットワーク情報の統一的な表現を定義し、これを扱うデータベースを構築することで、光ネットワークなど下位レイヤのネットワーク資源を、パケットトランスポートなど上位レイヤから扱えるようなった。そのため通信事業者は、光、パケット、無線などを組み合わせた仮想ネットワークを簡単に提供できるようになった。

確立した基本技術は主に3点。統一的ネットワーク情報データベース技術/リソース割り当て技術、ネットワーク共通制御/管理技術、仮想化対応ネットワーク装置技術である。

広域ネットワークの SDN 化につながる基本技術確立―富士通、NTTなど5社共同で
統一的ネットワーク情報データベース技術/リソース割り当て技術

ネットワーク共通制御/管理技術
ネットワーク共通制御/管理技術

仮想化対応ネットワーク装置技術
仮想化対応ネットワーク装置技術

「Open Innovation over Network Platform」は総務省の「ネットワーク仮想化技術の研究開発」の委託研究として推進されており、通信事業者が提供するモバイルネットワークやインターネットなど広域ネットワークインフラの総合的な SDN 化を目指している。2013年度中には、ホームページなどにより情報公開を開始、2014年度中には成果の一部を公表し、2016年3月までには研究成果内容や実証実験などの結果を明らかにするという。