iKnow! 英語学習サービスを提供するセレゴジャパンは、ユーザー5万人の学習データを分析、その結果を「間違えやすいビジネス英単語/フレーズ ランキング」として発表した。あなたは、いくつわかるだろうか?

いくつわかる? まちがえやすいビジネス英単語/フレーズ―「remuneration」、「fall from」
間違えやすいビジネス英単語1位〜15位

間違えやすいビジネスフレーズ1位〜15位
間違えやすいビジネスフレーズ1位〜15位

まちがえやすいビジネス英単語/フレーズには、4つのタイプがあるという。
「service」や「project」など、一般的に使われているカタカナ英語とビジネスに適切な正しい英語の意味が異なるもの。「address」など日常とビジネスのシーンで言葉の意味が変わるもの。「settle for=〜で妥協する」のように、各単語の意味とフレーズの意味が異なるもの。「work for=〜に勤めている、〜に都合がいい」のように、会話をする相手により文脈がかわるもの、などである。まちがえてしまった単語は、要復習。