ミクシィは、スマートフォンの背面と正面の両カメラでほぼ同時に撮影した2枚の写真で親しい友人とコミュニケーションするアプリケーション「muuk(ムーク)」をリリースした。背面カメラの写真とユーザーの自分撮り(セルフィー)を組み合わせられるうえ、送信した写真は相手の表示後すぐ消えてしまうので、友だちと「“いま”の会話を楽しむ」ことができるという。Android 版と、iPhone/iPod touch で利用可能な iOS 版を用意している。同社の SNS「mixi」とは連携しない。

ミクシィ、すぐに消える自動セルフィーで遊ぶ写真アプリ「muuk」、進む「mixi」離れ
瞬間自撮りメッセージ アプリ muuk

muuk の撮影は、写真を送る際にしか行えず、確認や撮り直しができない。撮影ボタンをタップすると背面と正面のカメラで自動的に連続撮影され、相手にすぐ送信される。短いテキスト メッセージもつけられる。自撮りの表情と背面カメラの写真を組み合わせることで、友だちと一緒にいる時のように気持ちやテンションを共有して「今の瞬間」を伝えられるとしている。

muuk の仕組み
muuk の仕組み

友人から届く muuk の写真は、最初ごく一部分と送信者の表情だけはっきり表示される。この状態で画面を長押しすると、写真のぼかしがなくなり数秒間だけ見ることができて、その後すぐ消えて二度と見られなくなる。また、写真を見ないでいても、一定時間が経過すると自動的に消えてしまう。写真が確実に消えるため、仲間内だけで遊ぶ変顔や悪ふざけ、秘密のやり取りが気軽に行える、としている。

送られてきた写真 左:最初はぼやけて見えない 右:はっきり見られるのは数秒だけ
送られてきた写真
左:最初はぼやけて見えない
右:はっきり見られるのは数秒だけ

利用するには、まず muuk にユーザー登録して専用 ID を取る必要がある。写真撮影は友人への送信を前提としているので、友人の muuk 用 ID を指定しないと写真を撮ることもできない。送信したい友だちが muuk を始めていなくても、「LINE」で招待できる。「Twitter」とも連携している。

しかし、ミクシィの SNS である mixi とはなぜか連携しておらず、muuk 内から mixi の友人に ID を送ったり、友人を招待したりすることはできない。

なぜか mixi と連携しない muuk
なぜか mixi と連携しない muuk