日本マイクロソフトは同社公式 Blog で、Microsoft のビッグデータ戦略と「Power BI for Office 365」の販売開始について、アナウンスした。

それによると、Microsoft では、ビッグデータの成功の鍵は、ビジネスの主役である現場の社員が自らデータを扱えることだ、と考えている。そのためには、社員が手軽にデータを活用できる環境を整え、さらに、手軽で使い勝手の良いツールでデータを扱い、分析できなければならない。

そこで、日本マイクロソフトは、「Power BI for Office 365」の販売を開始した。

マイクロソフト、Excel を強化するビッグデータ戦略を発表
マイクロソフト、Excel を強化するビッグデータ戦略を発表

Power BI for Office 365 では、Microsoft Office の Excel のデータ分析機能を強化、Excel のインターフェイスを通じて、手軽にデータを活用できるサービスをユーザーに提供する。Excel ベースなので、ツールの習熟のために頭を悩ますことはないそうだ。

また、Office 365 の各クラウドサービスでは、管理された企業内のデータを、チームでスムーズに情報共有できる。同社は、Power BI for Office 365 で、Excel と Office 365 の使い慣れたサービスのインターフェースで手軽に、だが高度なデータ分析環境を提供する。

Office 365 Enterprise のユーザー企業は、追加ライセンス購入なしに、Power BI 向けに強化された Excel アドインを入手できる。さらに Power BI for Office365 を利用すると、Excel アドインに加え、Office 365 上の BI ポータルや自然言語による検索、モバイルデバイス対応を利用できる。