富士通と神奈川県川崎市は、持続的なまちづくりを目指した包括協定を締結した。ICT 活用や人材育成、産業振興などの分野における連携と協力を進める。

同協定では、富士通がもつ ICT やノウハウと、川崎市がもつ地域資源や人材を活用した取り組みを推進。ビッグデータ・オープンデータの活用に関する研究や理系人材の育成、起業家の支援などを行う。

富士通が自治体と包括的な協定を締結するのは、今回が初めてとなる。