ソニーは、PC ブランド「VAIO」の2014年春モデルとして、Windows 8.1 および「Adobe Photoshop Elements 12」を標準搭載したノート PC「VAIO Fit」の4機種を、3月8日に発売する。価格はオープン。

VAIO Fit は、ホームノート PC の新シリーズとして2013年夏モデルより導入された。新機種「Vaio Fit 13A/14A/15A」には、全て Windows 8.1(64ビット) とオフィススイート「Office Home and Business 2013」を搭載。ノート PC モードのほか、液晶画面を裏返すことで、映像コンテンツの視聴に適したビューモードやタッチ操作に対応したタブレットモードへ形状を変える。

最後のソニー製「VAIO」発売、スタイル3変化・Photoshop Elements 標準搭載
用途に応じて3スタイルに変化

加えて、Adobe Photoshop Elements 12 の搭載により、画像の本格的な加工や編集が可能。さらに、デジタイザースタイラスペン(別売)や VAIO 独自の共通アプリケーション群「VAIO Inspiration Suite」とあわせて、よりクリエイティブで生産的な編集作業をサポートする。

市場推定価格は以下の通り。

■VAIO Fit 13A
・SVF13N29EJS 17万5,000円前後

■VAIO Fit 14A
・SVF14N29EJS・P 14万5,000円前後

■VAIO Fit 15A
・SVF15N28EJS・B・P 19万5,000円前後
・SVF15N27EJS・B・P 17万円前後

同社は、7月を目処に PC 事業を投資ファンドの日本産業パートナーズへ譲渡する予定となっており、日本産業パートナーズは新会社を設立して、VAIO ブランドとともに PC 事業を引き継ぐことになる。これらの2014年春製品が、ソニーが手がける最後の VAIO だ。