日立製作所は、これまで自社製品しか対象にしていなかった M2M(Machine to Machine)クラウド型機器保守/設備管理サービス「Doctor Cloud」の販売を、国内外の産業機械メーカー向けに開始した。

日立は、Doctor Cloud を通じて M2M クラウドシステムを構築、産業機械の稼働状況データ分析の支援を一括して行う。

今回、日立が外販を開始する Doctor Cloud では、機械の稼働状況を常時、リモートで把握できるので、産業機械メーカーは、最適なタイミングでアフターサービスを提案、実施できるようになる。

日立の M2M クラウド、産業機械メーカー向け外販を開始
「Doctor Cloud」サービス提供スキーム

工場/プラントを支える重要な産業機器は、納入後、工場/プラントを安定的に稼働させるため、多岐にわたるアフターサービスで、ダウンタイム(運転停止時間)を極力低減するよう求められる。しかし、これまでのアフターサービスは、定期ユーザー訪問で機械の状態を確認する、または異常発生時にユーザーから連絡を受けて復旧作業を開始する、という対応が一般的だった。そのため、最適なタイミングで予防保全を実施するのが難しく、異常が発生すると、復旧するまでに時間を要した。