サイバーエージェントは、知育アプリの企画・開発・販売を行うスマートエデュケーションの第三者割当増資を引き受けて出資した。
 
スマートエデュケーションは2011年6月に設立。現在16本のスマートフォン/タブレット端末向け知育アプリを提供している。全世界での累計ダウンロード数は650万件に達しており、2013年11月にリリースした海外向け知育アプリブランド「Gocco(ごっこ)」も好調だという。
 
サイバーエージェントの投資事業本部は2013年4月、スマートエデュケーションに第1回目の出資を実施しており、スマートエデュケーションの事業成長を理由に、2014年2月12日付で新たに約5億円の出資を実施した。また今回の出資に伴い、「Ameba」にて母親向けのサービス開発・提供を行う「ママ事業部」との連携も視野に入れている。
 
サイバーエージェントは、有望なインターネットベンチャー企業への投資強化を図るため、ベンチャー投資を行う投資事業本部を2013年10月に設立。ベンチャーキャピタル子会社であるサイバーエージェント・ベンチャーズがスタートアップ企業への投資を中心とする一方、投資事業本部はミドル・レイターステージのインターネットベンチャー企業への投資を主に行っている。