米スタンフォード大学教授で、Tableau Software の共同創業者の Pat Hanrahan 氏が、映画芸術科学アカデミーが選定する今年度の科学技術賞を受賞した。Matt Pharr 氏、Greg Humphreys 氏との共同受賞で、Pat Hanrahan 氏にとって3度目のアカデミー賞の受賞となる。

今回の授賞理由は、物理ベースレンダリングを理論化し、レファレンス実装を示した功績による。物理ベースレンダリングにより、膨大なグラフィックデータを簡単に処理できることで、デジタルアーティストが複雑なレンダリング処理に煩わされることなく、撮影に専念できるようになった。

Hanrahan 氏はピクサーアニメーションスタジオの設立当初のメンバーであり、シーンを記述するモデリングプログラムと高品質レンダリングプログラムを架橋するプロトコル、RenderMan Interface の開発責任者でもあった。プリンストン大学で教鞭をとったのち、スタンフォード大学に移った。