サムスン電子は、米国 IBM やその4社により創設された、OpenPOWER Foundation に参加する。

2013年に発表された同団体は、次世代のクラウドデータセンターの開発者向けに、先進的なサーバー、ネットワーク、ストレージ、GPU 高速化のテクノロジーを開発するために設立された。POWER のハードウェアやソフトウェアをオープンな環境で利用可能とし、開発者のエコシステムを拡大させることを意図している。