ディスカウントストアチェーンのドン・キホーテは、独自電子マネー「majica (マジカ)」を導入すると発表した。3月18日に全店舗でサービスを開始する。従来の会員カードを統合するもので、入金(チャージ)時にポイント還元が受けられる他、家電、ブランド品を専用価格で購入できるなどの特典が付く。

「マジカ」--ドン・キホーテが独自電子マネーを導入
majica のロゴ
majica の名称は「Miracle Amusement Jonetsu Intelligent Card」の略。利用可能な店舗は、ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」「MEGAドン・キホーテ」、スーパーマーケット「長崎屋」、ホームセンター「ドイト」、合計265店舗となる。

majica は、入金時に金額の1%分のポイント還元が受けられる。またドイト店舗では majica の利用時にもポイントが付く。たまったポイントは1ポイント1円として、ドン・キホーテグループ各店舗で商品購入代金に充てられる。

これに加え一部の家電、ブランド品については、majica を使うと専用価格で購入できる。また majica での年間購入金額に応じた特典も付く。この他ドン・キホーテグループのクーポンサイト「ClubDonpenモバイル」へ majica の会員情報を登録すると、多様なサービスや特典を受けられる。

なお、従来の会員カード「家電御贔屓(かでんごひいき)カード」「ブランドメンバーズカード」「ドイトクラブカード」は、majica に統合される。