位置情報ソーシャルサービス「tab」を運営する頓智ドットは、1月22日、社名を tab へ変更。また、同サービスを中心とした事業展開の加速化に向け、総額約4億円の資金を調達したことを発表した。

「セカイカメラ」の頓智ドットが「tab」へ社名変更--DCM、DBJ キャピタルなどから4億円調達
新社名「tab」のロゴ

位置情報に基づいたソーシャルサービス「tab」は、様々なユーザーの“行ってみたい”場所が集まる「おでかけスクラップ」アプリ。行ってみたい店舗やスポットを Web サイトなどからクリップしておくことで、ユーザーが近くを訪れたときに通知してくれる。現在、iOS 版/Android 版を無償ダウンロード提供中。

おでかけスクラップアプリ「tab」
おでかけスクラップアプリ「tab」

スポットのクリップ数は全体で350万以上、情報を登録しているブランドや店舗・企業は330以上にのぼる。手軽にクリップや共有できることがユーザーに評価され、2012年6月のサービス開始以来、おでかけ好きな女性を中心に支持されているそうだ。

同社は、「tab」の本格事業化に合わせ、既存株主3社(DCM VI, L.P、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ジャフコ)と、新たに2社(DBJ キャピタル、三菱 UFJ キャピタル)から総額約4億円の資金を調達。今回の増資により、「tab」のさらなるサービス強化・改善と、店舗の来店・行動促進サポートを強化していくとしている。

なお、AR(拡張現実)アプリの先駆的存在だった「セカイカメラ」は、同日をもって全サービスを終了している。