ANALOG TWELVE は、従業員やアルバイトによる SNS 上の悪ふざけ投稿を常時監視するサービス「ソーシャルパトロール」の提供を1月23日より開始した。

ソーシャルパトロールでは、導入企業との協議の後に監視体制を構築し、Twitter や Facebook などの SNS 上につぶやかれた悪ふざけ投稿(写真、人事情報、インサイダー情報など)の常時監視パトロールを実施する。

“バカッター”監視します--SNS の悪ふざけ投稿対策「ソーシャルパトロール」提供開始
「ソーシャルパトロール」サービスイメージ

具体的には、パトロールアカウントによる投稿者への警告、投稿者の「ブラックリスト」化、導入企業への緊急・定期レポートといった対応を行うことで、炎上などを未然に防ぎ、また早期の沈下を目指すとしている。

パトロールに当たっては、同社の独自検索ツールによる該当投稿の洗い出しと、「オムニチャネルコンタクトセンター」(沖縄県・那覇市)の監視員による目視を融合する。

導入コンサルティングと、検出ワードなどツール設定を伴う初期費用は10万円、投稿数1,500件までの月間常時監視パトロール費用は10万円(共に税抜)。1年間で20社の導入を目指すとしている。