不正侵入の脅威が増す世の中でも、インターネットサービスへのログインに分かりやすいパスワードを使おうとする傾向は中々なくならない。米国 SplashData がまとめた、2013年の最もありふれた「最悪」パスワードは「123456」。従来トップだった「password」を抜いて1位となった。

2013年の「最悪なパスワード」ランキングが発表、1位は「123456」
最悪パスワードのランキングで初めて「123456」がトップに

SplashData はパスワード管理アプリケーションの開発を手掛ける企業で、例年こうした調査を行って、上位25位までを発表している。ハッカーがネット上で公開した数百万の盗難パスワードに基づいている。

最悪パスワードランキングのトップは、調査が始まって以来長らく「password」だったが、初めて「123456」にその座をゆずった。 SplashData によると、今回の調査の対象には米国 Adobe Systems から流出した情報が含まれており、その影響も考えられる。

他にも例えば10位に「adobe123」が、15位に「photoshop」がそれぞれ初めて顔を見せている。これらは Adobe のサービスにログインするために使われていたと考えられる。

もちろん、依然として「qwerty」(4位)、「abc123」(5位)、「111111」(7位)、「iloveyou」(9位)などのありふれた組み合わせも人気だ。

さらに SplashData は興味深い傾向として、多くのネットサービスがより強固なパスワード設定を求める方針をとり始めているにもかかわらず、「1234」(16位)のような単純で簡単に推測できるパスワードが新たにランキング上位に入ったことを挙げている。

SplashData は調査結果を踏まえて、より推測しにくいパスワードを設定するようあらためて呼びかけている。しかし「j%7K&yPx$」といった組み合わせでは破られにくくても、本人が覚えているのは難しい。そこで「cakes years birthday」とか「smiles_light_skip?」のように複数の単語をでたらめにつなげるやり方を紹介している。