KDDI は、米国 Amazon Web Services が提供するクラウド コンピューティング サービス「アマゾン ウェブ サービス (AWS)」の活用を支援する、「AWS Partner Network コンサルティングパートナー」への加入を発表。AWS を活用したクラウドサービス「AWS with KDDI」の提供を、法人向けに2月28日より開始する。

KDDI が AWS と連携、“運用・監視・保守”付きクラウドサービス「AWS with KDDI」提供開始
KDDI が「AWS Partner Network コンサルティングパートナー」に加入

「AWS with KDDI」は、システム構築における要件のヒアリングから設計、構築、運用保守までをワンストップで提供するサービス。インターネットを経由せずに AWS に接続可能な AWS Direct Connect と、KDDI のイントラネットサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch(KDDI WVS)」の接続を標準機能として提供することで、既存の自社設備を運用する場合と同様にセキュアな環境を、モバイル端末からのアクセスを含め実現するという。

また、システムの稼働状況を監視し、負荷状況に応じてサーバー台数を月間最大7台 (1日分) まで追加可能な「マネージドサーバ メニュー」を利用することで、サーバーへのアクセスが急に増加した場合でもシステムのパフォーマンスを維持できるという。

同社は、今後多様化する法人のニーズに合わせて「AWS with KDDI」を順次拡張し、クラウド基盤サービス「KDDI クラウド プラットフォーム サービス」との選択および連携を強化していくとしている。