米国 Adobe は、「Adobe Photoshop CC」に新しく搭載された 3D プリント機能を発表した。

「Adobe Creative Cloud」のメジャーアップデートの一部として、Photoshop CC に 3D プリント機能が搭載され、Creative Cloud のメンバーは、3D デザインの開発/改良/プレビュー/作成/プリントが比較的簡単できるようになった。

またクリエイターは、使い慣れた Photoshop ツールで初めから 3D でデザインするか、あるいは既存の 3D コンテンツを改良することができる。

バージョンアップした Photoshop CC では、ローカル接続の 3D プリンタでデザインをプリントできるだけでなく、オンラインの 3D プリントサービスも利用できる。

また Photoshop CC は、「MakerBot Replicator」などのデスクトップ 3D プリンタをサポートしており、3D プリントコミュニティ/マーケットプレイスの「Shapeways」で入手できるセラミック系や金属系の材料、フルカラーのサンドストーンなど、幅広い材料にも対応している。

さらに、3D パブリッシングサービス「Sketchfab」に 3D モデルを直接アップロードし、Sketchfab のインタラクティブな 3D ビューワで Behance プロファイルに埋め込めるようになった。