米国 Nintendo は7日、特許権に関する訴訟の判決に基づく未払いの債務の一部として、IA LABS の全特許を取得した。IA LABS は2010年4月に特許権を侵害されたとして Nintendo を告訴。しかし2012年2月に Nintendo が勝訴し、上級審判決では、IA LABS に対して訴訟費用の一部を負担するように判決が下った。

任天堂 、特許訴訟で勝訴し IA LABS の全特許を取得
米国 Nintendo のトップページ

IA LABS は上級審判決に不服を申し立てたが、2013年6月の控訴審判決でも結果は変わらなかった。加えて、控訴審では同社に対し、Nintendo の追加訴訟費用を負担するよう命じた。しかし同社が期日までに支払わなかったため、Nintendo は同社の残余財産と全特許を取得した。

米国 Nintendo の社長兼副法律顧問である Richard Medway 氏は、「我々は、他社の特許権を侵害していないと信じている場合、精力的に特許権を守っていくということを示した。我々は長い歴史のなかで他社の特許権を尊重しながらイノベーティブな製品を作ってきた」と話した。