米国 Gartner は、2013年第4四半期における世界 PC 市場に関する調査速報を発表した。それによると、出荷台数は8,260万台で、前年同期の8,870万台に比べ6.9%の減少。市場縮小はこれで7四半期連続。2013年通期の出荷台数は3億1,590万台で、前年の3億5,100万台から10.0%少なくなった。同社は「2013年の減少幅は PC 市場において史上最悪」としており、出荷台数が2009年の水準にまで減ったそうだ。

PC 出荷台数が下落し続けているものの、Gartner は米国などの地域では「底を打った」とみている。その一方、同社主任アナリストの Mikako Kitagawa 氏は「新興市場においては、好調に成長しているタブレットが PC 市場の拡大に水を差す」と指摘。「新興市場の消費者が初めて手にするネットワーク対応デバイスは、ほとんどの場合スマートフォンである。そして、初めて使うコンピューティング デバイスはタブレットだ。PC を経ずタブレットを使うようになるため、新興市場の PC 普及ペースはどんどん遅くなる」(同氏)

第4四半期の PC 出荷台数をメーカー別にみると、1位は中国 Lenovo で1,493万台(シェア18.1%、前年同期比6.6%増)だった。2位は米国 Hewlett-Packard(HP)で1,359万台(シェア16.4%、前年同期比7.2%減)。上位5社の内訳は以下の通り。

【1位:Lenovo】
・出荷台数(当期):1,493万台(シェア18.1%)
・出荷台数(前年同期):1,400万台(シェア15.8%)
・成長率:6.6%増

【2位:HP】
・出荷台数(当期):1,359万台(シェア16.4%)
・出荷台数(前年同期):1,464万台(シェア16.5%)
・成長率:7.2%減

【3位:Dell】
・出荷台数(当期):977万台(シェア11.8%)
・出荷台数(前年同期):920万台(シェア10.4%)
・成長率:6.2%増

【4位:Acer】
・出荷台数(当期):647万台(シェア7.8%)
・出荷台数(前年同期):770万台(シェア8.7%)
・成長率:16.0%減

【5位:ASUS】
・出荷台数(当期):539万台(シェア6.5%)
・出荷台数(前年同期):666万台(シェア7.5%)
・成長率:19.0%減

【その他】
・出荷台数(当期):3,246万台(シェア39.3%)
・出荷台数(前年同期):3,650万台(シェア41.1%)
・成長率:11.1%減

【合計】
・出荷台数(当期):8,263万台
・出荷台数(前年同期):8,872万台
・成長率:6.9%減

2014年通期では、Lenovo と HP が僅差のトップ争いを演じたが、最終的に Lenovo が出荷台数5,327万台(シェア16.9%)で1位を獲得した。上位5社の内訳は以下の通り。

【1位:Lenovo】
・出荷台数(当年):5,327万台(シェア16.9%)
・出荷台数(前年):5,218万台(シェア14.9%)
・成長率:2.1%増

【2位:HP】
・出荷台数(当年):5,125万台(シェア16.2%)
・出荷台数(前年):5,650万台(シェア16.1%)
・成長率:9.3%減

【3位:Dell】
・出荷台数(当年):3,678万台(シェア11.6%)
・出荷台数(前年):3,761万台(シェア10.7%)
・成長率:2.2%減

【4位:Acer】
・出荷台数(当年):2,568万台(シェア8.1%)
・出荷台数(前年):3,574万台(シェア10.2%)
・成長率:28.1%減

【5位:ASUS】
・出荷台数(当年):2,003万台(シェア6.3%)
・出荷台数(前年):2,433万台(シェア6.9%)
・成長率:17.7%減

【その他】
・出荷台数(当年):1億2,893万台(シェア40.8%)
・出荷台数(前年):1億4,466万台(シェア41.2%)
・成長率:10.9%減

【合計】
・出荷台数(当年):3億1,596万台
・出荷台数(前年):3億5,105万台
・成長率:10.0%減