東芝は米国ラスベガスで開催中の家電見本市 CES 2014 で、Google の Chrome OS を搭載したノート PC「Chromebook」を発表した。米国で2月16日から販売する。価格は279.99ドル(約2万9,000円)。

東芝が CES 2014 で Chromebook を発表、価格は279.99ドル
東芝が CES 2014で発表した Chromebook

今回発表された Chromebook は、13.3 インチ HD ディスプレイ(1,366x768 解像度)を搭載。プロセッサには Haswell 世代の Intel Celeron CPU が採用されている。メモリは 2GB。内蔵ストレージは16GB の SSD ドライブだが、100GB の Google Drive が利用できる。東芝アメリカ情報システム社 VP である Carl Pinto 氏は声明で次のように述べている。

「東芝は Chrome OS に大きな可能性があると考えている。同 OS は、一般消費者や教育関係者に対して、シンプルで使いやすいコンピューティング体験を提供できる」

13.3 インチ HD ディスプレイを搭載
13.3 インチ HD ディスプレイを搭載

重量は3.3ポンド(約1.5kg)で、厚さは0.8インチ(約2.0cm)。バッテリーの連続使用時間は9時間。2つの USB 3.0 ポート、フルサイズ HDMI ポート、メモリカードリーダーが装備されている。

薄く軽量で、持ち運びにも便利
薄く軽量で、持ち運びにも便利

USB 3.0 ポート x2、フル HDMI ポート x1 を備える
USB 3.0 ポート x2、フル HDMI ポート x1 を備える