ソフトバンクグループの BB ソフトサービスは、3D モーションセンサーデバイス「Leap Motion Controller(リープモーションコントローラー)」の開発元である米国 Leap Motion と戦略的パートナーシップ契約を締結。同製品の国内総代理店として、量販店およびオンラインショップへの供給を開始する。

ジェスチャーだけで PC を動かす新体験、Leap Motion の 3D モーションセンサー日本上陸
Leap Motion Controller」

Leap Motion Controller は、空中でのユーザーの手と指の動きを感知し、直接コンピューターを操作することができる 3D モーションセンサーデバイス。本体に搭載されたカメラやセンサーにより、デバイスを基点として上、左右、奥行きそれぞれ約60cmの逆ピラミッド型の空間の中で動きを感知し、最大1/100mmの精度で追跡できるという。

10本全ての指を最大1/100mmの精度で認識
10本全ての指を最大1/100mmの精度で認識

Leap Motion アプリケーション専門サイト「Airspace app store」では、音楽やゲーム、教育などの様々なアプリケーションを提供。Web サイトや画像の閲覧をはじめ、音楽の再生・演奏、ゲームやペイントなどで幅広くセンサーを活用できるそうだ。

ジェスチャーで様々な操作が可能になる
ジェスチャーで様々な操作が可能になる

本体サイズは、幅80×高さ11.5×奥行き30mm。重さは45g。Amazon.co.jp での希望小売価格は9,800円(税込)。

BB ソフトサービスは、オンラインとリテールの双方から販売チャネルを拡大しながら日本市場での製品認知を高めていくとともに、購入者への日本語サポート環境を整備していくとしている。