日本気象は、北海道から鹿児島まで各都市のソメイヨシノ開花日/満開日予想を、モバイル向け天気防災総合サイト「お天気ナビゲータ」にて1月8日に発表した。1月以降は各地とも低温傾向が強まり、開花は平年並みか、平年より早まる箇所が多い見込み。

早くも春を感じる2014年“桜開花予想”--首都圏では平年並みか、平年より早い傾向に
日本気象の「桜開花予想マップ(第1回)」

東日本と西日本では、11月以降冷え込みが厳しく、平年と比べても低温傾向だったため、花芽が冬の低温に一定期間さらされることで休眠から目覚める“休眠打破”が順調に進んでいるという。1〜3月の気温は概ね平年並みと予想されているため、開花時期は平年よりも早くなる箇所が多い見通しとのこと。

北日本は、12月までは平年よりも暖かかったが、1月は平年よりも低温となることが予想されている。これにより花芽の生長も順調に進み、開花時期は概ね平年並みになるという。

お天気ナビゲータでは、各都市と全国約900か所の桜の名所における予想日を掲載。今後随時更新されていく予定。また、3月中旬以降の開花予想データを動画で閲覧することもできる。