ドイツ Panono(パノノ)は、全天球の光景を投げて撮るボール型カメラ「Panono」のカメラ機能について、これまで計画していた総画素数7200万画素を、開発の最終段階で1億800万画素へ改良した。

全天球のの光景を投げて撮るボール型カメラ「Panono」、総画素数が1億を超えるカメラに改良
全天球のの光景を投げて撮るボール型カメラ「Panono」、総画素数が1億を超えるカメラに改良

Panono は、360度×360度の全方位イメージを高画質でパノラマ写真を撮影することができるグレープフルーツ大の全天球ボール型カメラ。

撮影方法は、本体を放り投げるだけ。投げられた Panono に内蔵されている36個のカメラが、最高点で作動し、その瞬間のパノラマ写真を撮影する。撮影した画像は Panono アプリをインストールしたモバイル端末にワイヤレス送信され、携帯端末上で操作/閲覧できる。

今回のカメラの改良では、Panono で撮影したパノラマ画像をコンピュータやモバイルデバイスで表示/拡大する際、標識に書かれた文字、顔の表情、さらには地面の小さなものまではっきりと確認することができるようになったという。

現在、来年1月前半までの期間限定で、クラウドファンディングによる資金提供を呼びかけて、製品化を目指している。資金提供は「Indiegogo.com」上で受け付けており、資金提供者には通常価格より100ドル安い米499ドルで Panono を購入できるなど様々な特典を用意している。

同商品の直径は11cmで、重さは200g。販売開始時期は2014年10月から12月の予定。