写真を撮影したいと感じる瞬間は、多くの場合、唐突にやってくる。カメラやスマートフォンを取り出して撮影しようとしたときには、その瞬間を逃していることもしばしばだろう。

Neurowear プロジェクトは、そのような撮り逃しをなくしてくれるかもしれないウェアラブルカメラ「Neurocam」を開発。そのプロトタイプを公開した。このデバイスはセンサーで脳波をキャッチし、利用者が“わくわく”した瞬間に、自動的に映像記録を開始するものだ。

“わくわく”した瞬間を自動的に撮影するウェアラブルカメラ「neurocam」
Neurocam は、利用者の“わくわく”を検知し、自動で撮影を開始するウェアラブルカメラ

Neurocam は、脳波センサーを内蔵したヘッドセットと iPhone で構成されるウェアラブルデバイス。脳波センサーで取得したデータを iPhone アプリで解析し、利用者が興味を感じているかどうかを0から100の間の数値に換算。60を超えた場合に自動的に記録を開始し、5秒間の GIF 動画に変換する。

Neurocam は、利用者が興味を感じているかを0から100の数値に換算する
Neurocam は、利用者が興味を感じているかを0から100の数値に換算する

Neurowear が公開した Neurocam はまだプロトタイプ。現時点ではこのデバイスを装着して街を歩くと、頭に iPhone を取り付けた、ちょっと痛い人に見えてしまう。だが、Neurowear によれば、Neurocam は将来的には目立たないウェアラブルデバイスに進化する予定だそうだ。

Neurocam を装着した状態でショッピングを楽しむ利用者
Neurocam を装着した状態でショッピングを楽しむ利用者
ちょっと“痛い子”に見える

Neurowear は、脳波や生体センサーを使ったアイテムを手がけるプロジェクト。脳波を定量化するアルゴリズムを、慶應義塾大学の満倉准教授と共同で開発している。同プロジェクトではすでに、脳波をキャッチしてそれをネコ耳の動きで表現するウェアラブルなネコ耳「necomimi」を完成させ、販売している。

脳波をキャッチし、ネコ耳の動きで表現する「necomimi」
脳波をキャッチし、ネコ耳の動きで表現する「necomimi」