凸版印刷ダイヤモンドレンタルシステム(DRS)は、デジタルサイネージ(電子看板)機器のレンタルサービスを2014年1月初旬より本格的に開始することを発表した。

同サービスでは、凸版印刷が取り扱っているイーゼル型からキオスク型、コミュニケーションテーブル型など幅広いデジタルサイネージ機器を、期間や用途に合わせたメニューで提供する。DRS との協業によりオペレーションを合理化し、これまでの一般的なレンタルサービスと比較して約20%のコスト削減を実現したという。

凸版印刷とダイヤモンドレンタルシステム、デジタルサイネージのレンタルサービス開始へ
(左)イーゼル型、(右)縦型インフォメーション端末(キオスク)

(左)コミュニケーションテーブル、(右)透明サイネージ
(左)コミュニケーションテーブル、(右)透明サイネージ

また、店舗でのプロモーションや展示会など短期間でも機器を活用したいという要望に応えた1年未満の「短期レンタル」(当面一部機器に限定)と、1年以上〜3年程度の利用に適した「長期レンタル」の2つのメニューを用意。参考価格は、イーゼル型の短期レンタルで月額3万円から、長期レンタルで月額1万7,000円からを予定している。