IT コンサルティング会社テクノスジャパンと早稲田大学 総合研究機構 マーケティング・コミュニケーション研究所は、ビッグデータ活用の現状と課題に対する研究を通じた協力体制を構築することに合意。産学連携に関する共同研究契約を締結した。

テクノスジャパンと早稲田大学、ビッグデータ活用研究で産学連携
左:早稲田大学 大学院商学研究科長 守口剛教授
右:テクノスジャパン代表取締役 城谷直彦氏

この連携では、テクノスジャパンが10月に設立したテクノス・データ・サイエンス・マーケティング(TDSM)が所有するビッグデータ解析技術を活かし、CRM 戦略策定支援につながる消費者行動分析及びモデル構築を進め、学術・技術の発展に努めていくという。

具体的には、同研究所が保有する学術的な知識・ノウハウの連携や TDSM を主体とした他企業の共同参画など、幅広い分野での連携を進めていくとしている。また、定期的な情報交換、産学連携のプロジェクト化、主催するイベントへの参画、産業界と関わることによる学生育成の推進、保有するネットワークの活用なども検討しているとのこと。

産学連携イメージ図
産学連携イメージ図