LINE は、スマートフォン向け通販/商品売買サービス「LINE MALL」について、一般ユーザー向け Android 版サービスを開始した。利用に必要な Android アプリケーションは、Google Play で無償ダウンロード提供中。今回の Android 版サービスはプレオープンという位置付けで、2014年早々に iPhone 版をオープンし、2014年春ごろに機能を充実させて「グランドオープン」とする計画。企業からの出品に対応する事業者向けサービスについては、グランドオープン時に受付を開始する予定。

スマホ専用フリマ サービス「LINE MALL」、Android 版がプレオープン
LINE MALL

LINE MALL は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」のユーザー向け新サービス。商品の出品/購入や代金受け取り/支払いなど販売にかかわるすべての作業が、無料のスマートフォン向けアプリケーションだけで行える。商品カテゴリは「ウィメンズ」「メンズ」「キッズ」「ベビー」「インテリア雑貨」「デジタル」「エンタメ」「おもちゃ、ホビー」「食」「ビューティー」「アクティビティ」。ユーザー インターフェイスをスマートフォン向けにデザインしており、左右スワイプで画面を動かすと、カテゴリを切り替えられる。

LINE と連携しており、LINE MALL を使うには LINE 認証を行う必要がある。LINE とは別の LINE MALL 用 ID が新たに発行されるため LINE の友達と自動的に繋がらず、出品や購入を知られずに済む。ただし、LINE 経由でお気に入り商品や出品した商品を自ら友達に教えることもできる。

出品するには、まず「LINE ログイン」ボタンでユーザー認証する。氏名やメールアドレスなどの情報を入力する必要はない。続いて、商品の写真を登録し、販売価格を設定し、出品ボタンを押せば作業は完了する。出品登録した商品は、安全性などが LINE MALL 運営スタッフに確認され、審査にパスしたものだけが掲載される。出品手数料や月額費用などは課金されない。商品売買が成立した場合には、販売価格の10%が販売手数料として徴収される。

簡単に行える出品
簡単に行える出品

購入者は、購入代金を支払うだけで済み、手数料などはかからない。利用可能な決済手段は、クレジットカード、コンビニ支払い、Pay-easy。また、購入代金の1%相当の LINE MALL 用ポイントが付与される。

出品者と購入者は、LINE MALL の専用トーク機能を使ってやり取りできる。商品代金の受け渡しは LINE MALL が仲介することで、「代金を支払ったのに商品が届かない」「商品を送ったのに入金されない」といったトラブルが発生しないという。

代金未払いや商品不着のトラブルを防止
代金未払いや商品不着のトラブルを防止