トリップアドバイザーは、“死ぬまでに一度は訪れてみたい”世界の観光スポットをテーマごとに紹介する「トリップアドバイザー・バケットリスト」において、「死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリー 10選」を発表した。

「バケットリスト(Bucket List)=棺桶リスト」とは、英語の口語表現で「死ぬまでにやっておきたいことの一覧」という意味。今回のリストでは、世界中にある豪華、異色、世界一の特徴を持ったクリスマスツリーを集めたという。

日本から選ばれたのは、「ユニバーサルスタジオジャパン」(大阪)のクリスマスツリー。35万個を超える電飾で彩られたツリーは、“世界一の輝きを持つツリー”として2年連続でギネスにも認定されたそうだ。

「死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリー 10選」発表、レゴ製巨大ツリーや日本のツリーも
電飾数世界一!ユニバーサルスタジオジャパンのツリー
(提供:トリップアドバイザー)

このほか、60万個のレゴで作られたセントパンクラス駅のツリーや、アブダビの高級ホテル「エミレーツ・パレス・ホテル」にある世界最高額のツリーなど、同社が厳選したスポットを旅行者から投稿された豊富な写真とともに紹介している。

60万個のレゴで作られたセントパンクラス駅のツリー/イギリス・ロンドン(提供:トリップアドバイザー)
60万個のレゴで作られたセントパンクラス駅のツリー/イギリス・ロンドン
(提供:トリップアドバイザー)

総額9億円以上の宝石で飾られた「エミレーツ・パレス・ホテル」のツリー/アラブ首長国連邦・アブダビ (提供:トリップアドバイザー)
総額9億円以上の宝石で飾られた「エミレーツ・パレス・ホテル」のツリー/アラブ首長国連邦・アブダビ
(提供:トリップアドバイザー)

選ばれた10スポットについての詳細は、同社サイト「死ぬまでに見たい 世界のクリスマスツリー 10選」を参照されたい。