NTTPC コミュニケーションズは、法人向けトータルネットワークソリューション「Master'sONER サービス」において、BYOD の実現に適した MAM(Mobile Application Management) 機能付きリモートアクセスサービス「セキュアリモートアクセス(スマートデバイス型)」を開始した。

BYOD とは「Bring Your Own Device」の略で、従業員が私物端末を業務に利用すること。MAM はモバイルアプリケーション管理の略だ。

NTTPC 、BYODで公私を分離するリモートアクセスサービスの提供開始
同サービスのイメージ

同サービスでは、個人が持つ iOS 端末/Android 端末を安全に業務で利用するためのデータやアプリケーションの公私分離機能と、ワンタイムパスワード発行などのセキュリティが高いリモートアクセスサービスを一元的に提供する。業務アプリケーションや VPN 接続設定の自動配布ができるため、システム管理者の負担や利用者の端末設定の手間も軽減される。

企業データは暗号化して端末に保存されるので、移動中でもメールを見たりスケジュールを更新したりできる。万が一端末を紛失した場合は企業データのみ遠隔操作による削除が可能。また、セキュリティポリシーに違反した端末からは、自動で、企業データが削除される。

端末管理で提供される主な機能
端末管理で提供される主な機能