プロダクションレベルでの Infrastructure-as-a-Service(IaaS)を提供するベンダーのリストに、新たな名前が加わった。米国 Google は12月2日夜、「Google Compute Engine」を一般向けに提供開始したと発表した。ミッションクリティカルなワークロードで利用可能だとしている。

Google、Google Compute Engine の一般提供を開始
Google Compute Engine のパブリックベータが公開されたのは2012年の6月。この時点で同プラットフォームがサポートしていたのは、Debian と CentOS だけだった。一般提供版ではこの2つのディストリビューションに加え、SUSE、FreeBSD も利用可能となっている。また、Red Hat Enterprise Linux も限定プレビュー版として提供される。

Google は、「Docker」コンテナ技術のサポートを含む仮想化技術も Compute Engine で提供する。

仮想マシンのインスタンスも拡張された。Google はこれまで1、2、4、8 の仮想コアを持つマシンタイプを提供していたが、今後はこれに16仮想コア構成が追加される。16仮想コアの標準構成では、メモリは最大30GB。だが、104GB のメモリが利用できるハイメモリ構成も用意されている。

価格

Google は Google Compute Engine の料金を、標準構成で10%値下げした。エントリーレベルとなる1仮想コア構成での料金は1時間あたり0.104ドルとなる。Google はまた、「Persistent Disk」の料金も従来より60%値下げする

Google がクラウドサービス分野に進出するのは、Google Compute Engine が初めてというわけではない。2008年、Google は Platform as a Service(PaaS)である「Google App Engine」のベータを公開している。エンタープライズ向けの「App Engine for Business」が公開されたのは2010年だった。

App Engine も、今回一般に公開された Compute Engine も、どちらも「Google Cloud Platform」の一部だ。Google Cloud Platform には、「Cloud SQL」「Cloud Storage」「Cloud Datastore」も含まれる。

Sean Michael Kerner
Sean Michael Kerner は、eWeek および InternetNews.com の主任編集者。