東芝は、福島県が推進する「再生可能エネルギーを利用した発電事業」を支援するために、福島発電のメガソーラー事業に対し、250W 太陽光発電パネル(サンパワー製)2,000枚と 500kW パワーコンディショナー1台を寄贈する。これによる発電量は 500kW で、全発電量の約4割に相当。福島発電が2014年3月に発電を開始する。

東芝、福島県「再生可能エネルギーを利用した発電事業」に太陽光パネルを寄贈
福島空港メガソーラー完成イメージ図

福島発電のメガソーラー事業の総発電量は 1.2MW で、一般家庭約330世帯分。

福島県は、同事業を再生可能エネルギーを利用した発電事業の推進拠点かつ次世代エネルギーパークの中核施設として、東日本大震災からの復興のシンボルに位置づけている。