学生の就活・採用支援を行うリーディングマークは、自己 PR 動画を通じて就職・採用活動を行う就活メディア「recme(レクミー)」の提供を12月1日に開始した。

動画で自己 PR する就活メディア「recme」提供開始、今どき就活の“短期決戦・効率化”へ対応
「recme」Web サイト

recme は、学生がスマートフォンで撮影した自分の動画を通じて企業に応募し、スカウトを受けることができる就活メディア。学生および企業が、少ないリソースで就職・採用活動を効率的に行うことを支援する。

学生は、企業の提示する“テーマ”に従って、30秒から90秒程度で自己 PR 動画を撮影・投稿し、企業側は、学生が投稿した自己 PR 動画を閲覧して選考を実施する。これにより、面接実施前に応募学生の雰囲気や能力を見極め、適切な学生のみを面接に誘致することが可能になり、採用工数を削減することができるとしている。

また、動画やテキストメッセージを活用し、自社を学生に売り込むといった企業側のアプローチも可能。短期間で、新入社員と就職先のより精度の高いマッチングを実現するという。

同社によると、11月1日に β 版をローンチして以来、これまで40社の企業とおよそ1,000名の学生が recme を利用しており、今シーズン中(2015年卒業予定者)には100社の企業と学生1万名の参加を目指すとのこと。