アドバンスト・メディアは、音声認識技術「AmiVoice」を用いてインタビューや講演会等で録音した音声データをテキスト化できるクラウド型文字起こしサービス「VoXT(ボクスト)」を開始する。音声認識1分30円(税抜)の「基本プラン」と、月額2,000円(税抜)で2時間まで無料、以降1分ごとに30円かかる「お得プラン」がある。

クラウド型文字起こしサービス「VoXT」、音声認識で音声データをテキスト化
利用イメージ

同サービスの Web サイトから専用アプリケーションをダウンロードし、音声ファイルをアップロードすることで、自動でテキスト化処理が行なえる。音声認識処理後に、人が発話した箇所を自動頭出しする機能を搭載するなど、文字起こしに特化したプレイヤー上で音声を聞きながら文章の編集を行うこともできる。

様々なシーンで利用できそうだ
様々なシーンで利用できそうだ

音声の文字起こしは、作業に慣れた人でも、1時間の音声文字化に6時間から8時間かかるが、同サービスを利用すれば作業時間を従来の5割程度削減できるという。また、クラウドで音声認識術を活用するので、修正データが蓄積されて日々精度が向上するという。