LINE は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」と連携し、アバターで遊べるスマートフォン向けサービス「LINE PLAY」について、ユーザー数がサービス開始1年で1,300万人を超えたと発表した。同社は「世界最大級のスマートフォン アバター コミュニティ」としている。

スマホ向けアバター コミュニティ「LINE PLAY」、開始1年でユーザー数が「世界最大級」の1,300万人超に
開始1年を迎えた LINE PLAY

LINE Playは、アバターを使ってチャットなどが行えるコミュニティ サービス。ユーザーはキャラクタの作成、マイルームの装飾を通したコミュニケーションが楽しめる。日記を書ける「ダイアリー」機能、アバターを使うゲーム「つりとも」なども利用可能。クライアント アプリケーションは Android 版と、iPhone などで利用可能な iOS 版を無償提供し、有料のアドオン アイテムを用意する。

2012年11月21日にプレオープンし、同年12月18日に正式運営を開始。現在、日本を含め210の国と地域で利用され、1,300万人いるユーザーのうち680万人が海外ユーザーだそうだ。

ユーザーの活動やユーザー間の交流も盛んで、ダイアリーの利用回数は1億1,000万回、アバター同士の挨拶「ハート」のやりとりは57億回以上、共通の趣味/関心についてチャットする「ラウンジ」での会話は16億回も行われた。

芸能人や各種キャラクタ、企業向けの「公式アバター」も多く利用されている。「公式アバタールーム」への累計訪問人数は、「浜崎あゆみ」が約3,670万人、「ハローキティ」が約3,390万人など、合わせると訪問回数は累計5億回あるという。

LINE PLAY の紹介ビデオ