サイバーエージェントは、同社が運営するアバターコミュニティサービス「アメーバピグ」において、カプコンが提供する人気ゲームタイトル「モンスターハンター4」とのコラボレーション企画を開始。アメーバピグ内に、カプコンエリア「モンハンブース」がオープンする。

「アメーバピグ」と「モンハン4」がコラボ、なりきりピグアイテムやゲームの舞台が登場
「アメーバピグ」と「モンスターハンター4」がコラボ (c)CAPCOM

モンハンブースでは、ゲームに登場するキャラクタ「アイルー」と「メラルー」をモチーフにした衣装や装備品、武器などのピグアイテム計18種を販売。ユーザーは好きなキャラクタになりきることができる。

「肉球ネコぱんち」や「プーギー」も
「肉球ネコぱんち」や「プーギー」も

また、11月26日より、ゲームの舞台をモチーフにした「集会場エリア」「遺跡平原エリア」「ベースキャンプエリア」が期間限定で登場。エリア内にはゲームキャラクタの「アイルー」「ガーグァ」が登場するほか、「遺跡平原エリア」では、モンスター「ゴア・マガラ」の背中に乗ったり、おなじみのアクション「肉焼き」を体験したりできるという。

ゲームの舞台が期間限定エリアとして登場
ゲームの舞台が期間限定エリアとして登場