日本ヒューレット・パッカードは、「Enterprise Cloud Services-Mobility」(ECS-Mobility)を発表した。クラウドベースで、各種モバイル端末から企業アプリケーションやデータへの安全なアクセスを提供するもの。価格はサポート台数ではなくユーザー数に応じる。

同製品は、モバイル端末向けにセキュアアプリケーションアクセス、ファイルストレージおよびファイル共有を迅速に提供する。ユーザー企業 IT 部門の運用管理用件とユーザーの期待双方を満たすという。

企業 IT 部門向けには、セキュリティを万全にするためのツールや企業資産を守るためのアクセスコントロールを提供。個別のモバイル端末や OS/アプリケーションアップグレードを一元管理でき、管理コストを大幅に削減できるという。

また、認証済みのアプリケーションダウンロードや、HP クラウドインフラと各種モバイル端末間のファイル共有もできる。クラウドファイルストレージは増減可能で、国内ストレージを利用することでデータ統治と法令順守双方に対応できるという。