シャープは、家電製品遠隔操作やクラウド音声サービスなどに対応した新型のロボット掃除機「COCOROBO<RX-V200>」を12月5日に発売する。価格はオープン。

シャープの新型お掃除ロボ「COCOROBO」、外出先から家電を遠隔操作
「COCOROBO<RX-V200>」

同製品は、掃除機能だけでなく、スマート家電機能が充実。これまで別売りしていた家電コントローラを内蔵し、自宅の他の家電製品を外出先から同製品を通してスマートフォンなどで遠隔操作できる。

遠隔操作のイメージ
遠隔操作のイメージ

そのほか、スマートフォン向けアプリケーション「ココロボ〜ド」では、遠隔操作のほか、熱中症の危険性が高まる温度や湿度になるとメッセージで知らせる機能を実装。家族やペットの留守番中に外出先からエアコンを操作する目安になる。

人工知能「ココロエンジン」は、ユーザーの音声に反応できる。生活情報などを音声で提供するクラウド音声サービスに対応しているため、ユーザーの声に反応して天気情報や役立つ情報を提供する。

「ココロエンジン」によるクラウド音声サービスのイメージ
「ココロエンジン」mによるクラウド音声サービスのイメージ

直径 304mm のコンパクトサイズのため、いすの脚の間などをすり抜けて掃除できる。また、部屋の広さとゴミの量だけでなく、床の種類も検知可能。フローリングやじゅうたんなどに合わせて運転モードを切り替える。3LDK の場合、最長約100分間掃除できるという。