ウェザーニューズは、「しし座流星群」がピークを迎える11月17日の全国の天気傾向を発表した。17日夜は日本海を前線が通過するため、前線に近い日本海側から北陸では観測に厳しい条件となるが、その他のエリアでは広範囲で流星の見えるチャンスがあるとしている。

■どこに見える?

しし座流星群の放射点はしし座の頭付近にあり、流星はここを中心にして放射状に流れる。放射点を探す際には、しし座1等星レグルスが目印となる。今年のしし座流星群のピークは18日の午前1時頃で、17日夜から18日早朝までが観測のチャンスとなる。

「しし座流星群」観測ピーク直前! ― ウェザーニューズ、11月17日夜の最新の天気傾向を公表」
しし座流星群の放射点(出典:ウェザーニューズ)

■11月17日の天気は?


11月17日夜は、日本海の前線の影響を受けにくい太平洋側ほど流星が見える可能性が高い。特に、西日本の太平洋側は雲が少なく、観測には絶好のチャンスになりそう。

しし座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
しし座流星群観測可能地域(出典:ウェザーニューズ)
*クリックしてウェザーニューズの「流星見えるかなマップ」に移動

一方、この期間は日本海を前線が通過するため、前線に近い北海道の渡島半島周辺や東北日本海側・北陸などは夜間から早朝にかけて冷たい雨が降り、流星観測には厳しい条件となる。

当日は、冷たい季節風が吹いて寒さが増すので、屋外で観測する際にはしっかりとした防寒対策が必要となる。

なお、今回発表された情報は、11月15日時点での予報をもとにした見解となっている。最新の天気については、同社のスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」、PC 向けサイトの特設ページ「流星みえるかなマップ」で確認されたい。

■「SOLiVE24」でしし座流星群を全国7か所から同時生中継

ウェザーニューズの運営する24時間ライブ番組「SOLiVE24」では、11月17日21時より、全国7か所からリアルタイムに流星の様子を放送する。流星を撮影するスポットは、北海道(なよろ市立天文台)、東北(国立天文台・水沢 VLBI 観測所)、関東(国立天文台・三鷹本部)、中部(国立天文台・野辺山宇宙電波観測所)、近畿(大塔コスミックパーク星のくに)、中四国(阿南市科学センター)、九州(たちばな天文台)の7か所を予定。ワテックの協力で、より質の良い流星動画を視聴できるそうだ。