NEC は、スマートデバイスを業務システムで活用する際の新しいユーザーインターフェイス部品を6つ開発した。これを利用すれば、必要な情報の迅速・簡単な参照、文字や数字の入力効率向上、入力ミスの削減につながるという。

「カードデック」では、業務で扱う各情報をカード形式で表示する。同じ種類のカードをまとめる/展開することで、情報構造を直感的に理解できるという。

NEC が業務用スマートデバイス向け新 UI を開発
カードデックの利用イメージ

「スライドカード」では、スムーズな入力と入力漏れを防止する。入力完了後、自動的に次のカードを表示する、入力を後回しにしたい項目を最後尾に移動する、などの機能を備えている。

スライドカードの利用イメージ
スライドカードの利用イメージ

スライドカード(進捗確認)の利用イメージ
スライドカード(進捗確認)の利用イメージ

「ターンオーバーカード」は、情報のコンパクトな格納を支援する。1枚のカードをめくるという直感的な動作を行うことで、より詳細な情報を閲覧できる。

「メーター数値入力支援」は、デジタル計測機に加えアナログメーターの画像を画面に表示し、実際に計測するメーターの針の位置にあわせて画面上の針を移動させることで数値を入力できる機能。数値の読み取り/入力ミスを防止する。

メーター数値入力支援の利用イメージ
メーター数値入力支援の利用イメージ

「マルチタップオーバー」は、補足情報をすばやく参照するための機能。2本の指で画面をタップすることで、一時的に説明文書や過去のログを表示する。

「タッチ操作ガイド」は、長押しやフリックなど画面上で実行できるタッチ操作や、同じ処理が可能なほかの操作方法を、アニメーションでガイドする機能。