LINE は、スマートフォン向け通販/商品売買サービス「LINE MALL」の提供開始に先立ち、販売する商品を事前に出品してくれる先行出品ユーザーの募集を11月7日に開始した。同社によると、初日だけで1,000件以上の応募があったという。申し込み受付は11月12日まで行う。

スマホ向け通販/フリマ サービス「LINE MALL」の先行出品ユーザー募集に1,000人以上が応募
LINE MALL

LINE MALL は、無料メッセージ/通話サービス「LINE」のユーザー向け新サービス。商品の購入や販売にかかわるすべての作業をスマートフォン向けアプリケーションだけで行えるため、LINE ユーザーならいつでもどこでも手軽に商品を売ったり買ったりできるそうだ。LINE は、サービス開始時点で「できるだけ多くの良質な商品ラインナップ」を揃えておくため、先行出品ユーザーを募っている。

先行出品ユーザーの対象者は、Android /iOS 版 LINE を使用している成人男女。今回の先行出品期間も Android スマートフォンまたは iPhone を使い続けることが条件。希望する場合は、申し込みフォームから応募する。先行出品ユーザーに選ばれると、一般公開前の LINE MALL 用アプリケーションがダウンロード可能となり、実際に出品が行える。

なお、一般公開前に出品をしたユーザーには、審査通過した出品数に応じて LINE MALL で利用可能なポイントがプレゼントされる。