コロプラKDDI は、地方自治体や観光協会などを対象とした、位置情報ビッグデータを活用した観光動態調査レポートの提供を10月29日に開始した。同時に、東日本大震災によって被災した岩手県・宮城県・福島県に同レポートの無償提供を行う。

レポート内容詳細
レポート内容詳細

レポートでは、観光動態を把握できる7つの項目「来訪者」「旅程」「立寄り」「宿泊地」「交通手段」「流入出」「周遊」について分析した結果を、表やグラフにまとめる。

属性(性別、年齢層)別の傾向分析が可能
属性(性別、年齢層)別の傾向分析が可能

コロプラによると、今年7月18日〜9月30日に三重県伊勢市、埼玉県、徳島県で行った実証実験では、観光客の動きを把握できること、ターゲットを絞った誘客施策など具体的な施策への落とし込みに有効であることを実証し、観光施策の効果検証・観光振興計画策定の指標として活用できるとの見通しを得たという。

同社では、同レポートを岩手県・宮城県・福島県に無償提供することで、東日本大震災の被災により大きく変化した人の流れを把握し、各県全域への観光振興、特に沿岸部の観光回復に貢献できるとしている。