日本マイクロソフトは、フジテレビジョンが社内のデスクトップ PC 3,000台 の OS を Windows XP から Windows 8 に移行すると発表した。Windows XP のサポート終了に伴うセキュリティ対策の懸念や社員のモチベーション向上、テレビとインターネット/モバイル端末との連携などを考慮したという。9月から移行を開始し、来年3月に完了する。

フジテレビ、社内 PC の OS を Windows XP から Windows 8 に移行
フジテレビジョン社屋

OS 移行の最も大きな課題は、「.NET Framework」で開発されたフジテレビ独自の業務アプリケーションの対応だったが、Windows 8 の「.NET Framework 4.0」対応を確認したことが採用を決定した要因になった。また、最新 OS ならではの長いサポート期間がシステム部門の業務の質的向上につながるという。

フジテレビ情報システム局長の吉本治氏は、「最新の OS の機能に触れる体験が、ネットワーク時代のテレビ局に必要な新しい発想や創造性につながるという期待」があると話した。